服装は金属がついていないものを用意しよう

自動車を常に綺麗な状態に保つことを行っている方も数多く存在しています。いわゆる洗車マニアとも呼ばれることがあるのですが、いつも綺麗に洗車を行うことは、自動車にとっても良い効果を生み出すことになります。
その理由として、特に手洗い洗車を行う場合では、車体に付いた傷なども見つけやすく、サビなどが発生してしまう前に対処することができます。さらにタイヤなどにも目が行くことによって、摩耗や空気圧なども点検することができます。
洗車を行う場面では、最初にホースなどで水を車体にかけることが基本となります。塵や埃、土汚れなどを予め除去することと、汚れを浮かせる役割を果たすことになります。
その後はカー用品のシャンプーなどを利用して洗車を進めていきますが、その際には着衣などにも注意することが必要になります。例えば金属製のベルトのバックルなどが付いている場合では、状況によっては車体に傷を付けてしまう可能性があります。
上着などで隠す方法もおすすめになりますが、常に車体との接触を避けることが必要です。シャンプーを終えたら水で再び洗い流し、その後はタオルなどを利用して車体に付着している水分を拭き取ります。水分は放置してしまうと、水垢やサビの原因になるために、しっかりと拭き取ることが求められています。

Comments are closed.