洗車の重要性

自動車は使っていくうちに空気中にある塵や埃などの影響で段々と汚れてきます。これは外装だけでなく、マフラーから取り組まれる空気の影響で車内も汚れてきます。
日本は雨や雪が比較的、多い地域です。近代化が進んだ現代では大気汚染の影響で、雨粒が酸化した酸性雨(酸性の雪なら酸性雪)が観測されます。
酸性雨は車の塗装に影響を与えます。これを防止するには雨上がり直後に洗車が効果的です。雪の多い地域で散布される凍結防止剤や融雪剤は、車の足回りや車体の裏側を腐食させる原因になります。また、鳥の糞や虫の死骸などが車を汚したり、腐食させることもあります。
これらが乾く前にふき取ることができればいいのですが、乾いてしまった場合は、車を傷つけないように水でふやかしてからふき取りましょう。
車に汚れを付着させたまま、雨や日差しを受けるとさらに汚れがついたり、車に傷がついたりします。車の汚れを放置しておくと、外板や骨格、可動している部分が錆びついたりしてしまうことがあります。また、汚れの影響で、車の各部分に異常をきたしてしまうこともあります。車を長持ちさせ、安全に正常に動かし続けるためには、こまめに車を洗浄して車の内外装を綺麗にしておく必要があります。

Comments are closed.